ディフェンダー_ランドローバー幌型ナインティーの製作は今回で2台目。クルマの屋根を取り外してしまうなんて、なんと大胆な!と、自分でも思うわけだが、ディフェンダーの場合、このあたりのボディーパーツは全てボルト×ナットで留まっているので以外に簡単な作業なのである。ノコギリで切ったりする必要など全くない。
次の工程はピックアップトラック用のリヤゲートの取り付け。そこまでやれば塗装に入れるのだが、その前にロールケージの仮組みを行う。ロールケージの取り付けにはドリルで穴を空けたり、まあまあ荒っぽい加工が必要。そんな作業を済ませたあとで塗装をしたほうがキレイに仕上がると思う。仮組みしたロールケージを一旦取り外し、そしてボディーの塗装に入る。そんな具合で進めていく予定。
室内はダッシュボード周りもバラバラだし、モディファイ以前にクルマとして機能させるための作業もたっぷり残っている。先は長いがコツコツ進めよう。