東京のマンションにはエレキギターを持ち込んでいる。ただ、私はフォークギターをジャカジャカ弾く程度で、エレキギターなどとても弾けない。それでもかつてバンド遊びをしていたときにはどうしても必要になり、とりあえず一本だけ持っている。
結果的にそのエレキギターは今とても役にたっている。マンションで弾くには音が小さいのでとても都合が良いのだ。今ではアコースティックの弦を張り、サイレントギター代わりに使っている。
だが、不具合が起きてしまった。おそらくこのギターにアコースティックの弦は合わなかったのだ。エレキギターと比べ、アコースティックギターの弦は固い。少し太いのかもしれない。それでナットと呼ばれる部分に切られた溝から弦が滑って外れてしまうようになったのだ。弾いていると、4弦がビーンと外れてしまう。
単身赴任先の孤独なマンションでギターが弾けないなんて退屈すぎる・・・。仕方なく、エレキギターの弦を購入し張ってみた。ところがナットの溝が広がってしまったのか、エレキギターの弦でさえも滑って外れてしまうようになってしまった。いよいよナットを交換するしかないかな。そう思って調べていると、ナットの溝専用のヤスリがあることが分かった。「ナットファイル」と呼ぶらしい。今後ナットを交換するこになるかもしれないが、とりあえずナットファイルで溝を立て直してみることにした。深く削れば弦高は低くなってしまうが、どうせナットを交換することになると思えばダメ元である。
DSC_0081ナットファイルは弦の太さに合わせて何通りもの厚さが用意されている。私はアコースティックギターの弦に合った厚さのセットを購入した。3本のヤスリの両端は暑さが異なっており、つまり弦に合わせた6種類の太さの溝を削れるようになっている。初めての作業。削り過ぎないよう、慎重に進めた。そして弦を張った。完璧!完璧というのは、弦が外れないという意味で、やはり削った分若干だが弦高が低くなり、強く弾くと弦は振動でフレットに触ってビビリ音が出てしまう。それでもどうせサイレントギター代わりなのだし、またいつかバンドでもすることになってこのギターをアンプに繋いで音を出すときに考えればよいかと。
とりあえず単身マンションでのギター生活が復活した。

ギターが復活したら弾いてみたい曲があった。オリジナルはバンジョーが使われているのかな。最近は植村花菜さんがアルペジオで弾き語っているカバーもあった。私はオリジナル風の軽快なテンポで、スリーフィンガーで弾いてみたかった。
・・・弾いてみたが、下手くそ(汗)。
とにかく曲紹介。今夜は松任谷由実さんで「やさしさに包まれたなら」。