昨日、2月11日(祝日)、休日だった私は岐阜県にゴルフに出掛けた。今日、昨日使ったボストンバッグを片付けていて、バッグのポケットに残っていたイエローのカラーボールを見つけた。

昨日、未明に少し雪が降った。ゴルフ場に向かう道路もところどころ滑りやすくなっていて、これでゴルフ場は大丈夫なのかと心配しながら、それでも「曇りのち晴れ」の天気予報を信じてゴルフ場に向かった。
42到着したものの、コースは雪で真っ白・・・。フェアウェイの除雪に少し時間が掛かるとのことで、スタートは予定より1時間近く遅れた。その間、レストランに案内してくれてドリンクをサービスしてくれた。私はホットコーヒーをいただいた。
そう、カートにはイエローとオレンジのカラーボールが2スリーブ(スリーブ=3個入りの箱)づつ、4スリーブが置いてあった。真っ白のフェアウェイに普通の白いボールではあっと言う間にロストボールになってしまうので、雪の日にはカラーボールが活躍する。これは一人に1スリーブづつ、ゴルフ場からのプレゼントとのこと。ボール探しに時間が掛かればプレーが遅くなってしまうのでゴルフ場としても円滑なプレー進行の目的もあるのだろう。それにしても気が利くなあ!
さて、完全とはいえないが除雪が進み、あとは天気予報どおり太陽が出てくることを祈りつつ、それでも真っ白なスタートホールへ向かった。
DSC_0409結局、じきに予報どおり太陽が出てきて雪はあっと言う間に解けたのだが、それでも数ホールは皆のボールを探すのにカラーボールにはずいぶん助けられた。ただ、私の場合は雪が原因ではなく、スタート直後の2番ホールで2発連続で山の中のOBゾーンに打ち込んでしまい、ボールを探すまでもなかったのだが・・・。
そんなことで、これは残った最後の一球であったのだ。

14プレーしたゴルフ場は岐阜県の山間にあり、夏は涼しいので人気があるのだが、冬はただでさえ敬遠されがち。そして更に雪・・・。プレーしている組は少なかった。ゴルフ場までは来たものの、フェアウェイの雪を見てキャンセルして帰ってしまう人もいた。そんな状況なので、ゴルフ場としてはコーヒーやカラーボールのサービスを行うのも頷ける。
私たちの仲間は、少々の雨や雪などではへこたれない!台風や雷や、もちろん降雪もそうだが、ゴルフ場が「クローズ(プレー中止)」を発表したときは止むを得ないが、そうでなければ、とにかくゴルフがしたくてたまらない。なので、自前でコーヒーを飲もうがスタートの時を待つし、自分のプレーのためにカラーボールを用意したって構わない。しかし、今回はゴルフ場のご厚意をありがたくいただいた。とにかく、その心配りが嬉しかった。

そういえば何日か前、Facebookでフィードしている「人生と経営に役立つ名言・格言・いい言葉」というフェイスブックページで、松下幸之助さんの言葉が紹介されていたのを思い出した。
「事業の原点は、どうしたら売れるかではなく、どうしたら喜んで買ってもらえるかである。」

またこのゴルフ場でラウンドしたいと思った。