SPECIAL SHOPを名乗る以上、ランドローバーに関することは全て自前で行いたいのだが、現実にはとても難しい。オートクラフトは鈑金塗装工場を持っているが、レイブリックには無い。このような場合には外注さんに協力を仰ぐわけだ。
そんなふうに外注業者さんと協力し合いながら、レイブリックの、あるいはオートクラフトのサービスが行われ、そして製品や商品ができあがる。鈑金塗装以外では、シートやトリムの張替えやリペアなどの内装関係、マフラー製作などの溶接関係、その他オーディオ、ラジエター、クーラー、内燃機などの精密加工などなど。

レンジローバーそして、今日、レイブリックへ出張で作業を行ってくれているのはガラス業者さん。飛び石でヒビが入ってしまったフロントガラスを交換しているのだが、見ていると我々の手でもできそうな気もするのだが、やはりミスのリスクを考えるとその道のプロに依頼したほうがクォリティーは確実に高い。レイブリックのサービスとしてお客さまに提供する以上、クォリティーの高さが最優先。自分たちでもできるかも?とチャレンジするとしたら、まずはお客さまの大切なクルマではなく、社用車など自らのクルマを実験台にしながら腕を磨くしかない。しかし、毎日毎日ガラスだけを取り扱っている職人のクォリティーを凌駕するのはとても難しいことだとは思うが・・・。

こんなふうに、それぞれの道を極めた職人さんたちとネットワークを組みながら我々のサービスは成り立っている。ただひとつ言えることは、全ての職人が成す技のクォリティーは、必ず我々の期待値以上にあること。仮にその仕上がりが我々の期待に沿っていないものだとしたら、それをお客さまに提供することなど絶対にしたくないから。
今日もガラス職人とそんな話をした。「うわ〜、プレッシャーだなあ!」と職人は言うが、「そうです!そのプレッシャーを乗り越えて、完璧な仕事をしてくださいよ!」と返す。常に、そして更に高いクォリティーを目指して!