レンジローバー・スポーツの新型モデルのスタイルが徐々に明らかになってきた。レンジローバーシリーズとして、イヴォークの、そしてヴォーグのデザインコンセプトを踏襲しているように見える。
2005年に現行のレンジローバー・スポーツが発表されたとき、私の中ではその衝撃はかなり大きかった。発表されたときというか、実際には、初めて実車を見たときである。二次元ではなく、三次元のその姿は、想像よりはるかに迫力があった。二次元では分かりにくいボディーの凹凸とそのボリュームに、私の体はしばらく釘付けになってしまったほど。そのモデルの継承、そして新たなレンジローバーの流れ、その融合がとても楽しみだ。
今月末から開催されるニューヨーク。モーターショーでデビューするという噂。そうなればメディア上で一気に露出されることになるだろう。しかし、それは二次元。初代と同じく、私は三次元のスポーツに期待している。実車を見られるのはいつになるだろう。既に今年の秋から冬(勝手に決めているが・・)の楽しみが出来てしまった。

IMAGE 2006 RANGEROVER SPORT FIRST EDITION
(2006 RANGEROVER SPORT FIRST EDITION)