昨日は祝日の水曜日。お客さまも参加していただきやすく、お店の営業体制にも影響はない。絶好のイベント日和である。そんな休日に第五回目となるレイブリック主催のゴルフコンペを行なった。
今回のコンペ会場であったコースは、昨今ではめずらしくカートではなく歩行プレー。それも効いたのだろう、夜はパソコンの電源を入れたあと、そのままマウスを握り締めたまま椅子に座った状態で眠りに入ってしまったほど・・・。ついにブログを書くこともできずに、かろうじてパジャマに着替えてベッドに転がり込むのが精一杯だった。

2010年の秋に初めて開催したレイブリック主催のゴルフコンペ、2011年の春は東日本大震災の直後だったこともあって開催直前に中止をしたが、その後は定期的に年二回の開催が実現し、今回で第五回を迎えることができた。「継続は力」というが、コンペを継続して開催することが何かの力になるというよりは、みなさんと一緒にゴルフがしたいという情熱が力となり、継続に繋がっているという感じ。
2010年の6月から、名古屋と東京の二重生活が始まってからは、ゴルフの練習量は激減した。どんなことでもそうだが、練習量を減らして上達するものなどない。現状維持すら難しい。それでもいい。ランドローバー好きが集まっただけで充分楽しいというのに、その中の更にゴルフ好きという、算数でいうところの包含関係にあたるグループが集まるわけなので充実しないはずがない!
お客さま同士が一日を共に過ごし、その中で新たなネットワークが広がることもある。もう一歩プライベートの領域に踏み込んでFacebookで友達同士になられたり、仕事で関わりを持たれるようになったり。プライベートでゴルフを楽しまれるようになる方々もいらっしゃる。そうやって世界が広がり、それが素晴らしいものになるよう、主催者としては毎回出来るかぎり組み合わせをシャッフルして多くの皆さんが出会える機会が増えるように心がけている。
今回も新たな世界が広がっただろうか。そのきっかけが出来ただけでも嬉しいこと。
ショップとお客さま、そしてお客さま同士と、そんなふうに素敵な関係が繋がっていくこと、それがゴルフコンペの最大の魅力だと、運営をしながら私はそう感じている。

今回もたくさんのみなさんに参加していただき、ありがとうございました。