我々の仕事は、年度末のこの3月が1年間で最も慌しい。その最大の要因は自動車税。
自動車に掛かる自動車税は、4月1日現在の所有者が納税義務者となる。4月末から5月にかけて各都道府県税事務所から所有者の元に自動車税の納付書が送られ、5月末が納付期限となるものがそれである。

例えば、下取車として入庫した車両は、できることなら3月中に自社(レイブリックまたはオートクラフト)に名義変更をしておきたい。そうすれば前所有者であるお客さまの元に納付書は届かなくなり、混乱を防ぐことができる。なので、3月下旬にご納車させていただいた分でも、間に合えば全て自社に名義を変える。車庫証明を取得して登録をするわけだ。
3月中に自社に名義変更するひとつの理由は、これは一般ユーザーさんには馴染みがないことだろうが、「中古商品自動車の自動車税減免」という制度がある。これは、商品として店頭に並んでいる中古車に課せられる自動車税を、一定額免税してくれるというもの。もしかしたら他府県では異なるかもしれないが、愛知県の場合にはこれを申請することによって3か月分にあたる自動車税を免除してくれるのだ。その条件のひとつに、4月1日時点で自社名義になっていることがある。

こんな事情とは別に、国内の多くの自動車メーカーや販売店では3月を事業の決算にしている会社が多く、従ってこの3月には登録台数が一気に増える。自動車を登録する全国の運輸支局では、その駐車場に入れなくなるほどの自動車でごった返す。窓口に書類を提出してから登録が終わって車検証が発行されるまで何時間もかかるほど。そんな中で、我々は我々の事情で可能な限りの全ての車両の名義変更を行わなければならないのだ。
BlogPaintもちろん、レイブリックとオートクラフトの営業チームにもこの3月に課した目標がある。下取車や商品車の自動車税の心配と合わせて、本業での営業活動と登録業務はこれまた一年で最高のボリュームとなる。
今年度も残すところあと5日。しかも、最後の二日間は週末なので各役所は休み。つまり、あと3日間が正念場!失敗のないよう、無駄のないよう、一年で最高のパフォーマンスを発揮するときである。