好みのボディーカラーを選んだとして、あと「この部分がこんな色だったら」、「ここはこんな雰囲気がいい」、そんなふうに細部にまで拘ってイメージどおりの愛車を作り上げることはとても楽しい!しかし、純正パーツやアクセサリーを使ってカスタマイズするにはどうしても限界がある。
レンジローバー今回はオーナーさまのご要望で、ホイールとラジエターグリルをマットブラックでペイントした。シルバーからの変更である。ボディーカラーはジャバ・ブラックでメタリックカラー。同じブラックでもメタリックとマットとの違いをつけたことがオーナーさまの個性の表れである。マットにすることで、グッと引き締まった雰囲気が出た。また、これは個人的な意見だが、ドアミラーの樹脂部分の素材感とよく似ており、そのあたりと調和が取れていてとても自然な仕上がりになっているように思う。
こんなふうに、ほんの僅かなカスタマイズを行うだけでクルマに乗ることが楽しくなる。いろんなロケーションに愛車を連れていきたくなる。そこで愛車を眺めれば、きっと自然に頬がゆるむ。何に対して微笑んでいるのか、他の人が分からなくてもいい。そこにある愛車が最高に格好よければそれでいい!

さあ、次はどんなカスタマイズの相談をいただけるだろう。これこそがSHOPの醍醐味である!