初代レンジローバーというクルマが登場したのは1970年。その30年後の2000年、レンジローバーは第二世代へと進化していたのだが、デビュー30周年を記念して「30th Anniversary」と名づけられた限定車が発売された。
全世界で何台発売されたのかは分からないが、日本への割り当ては僅か70台。もちろん、あっという間にSOLDOUTだった。
2ndレンジローバーには数々の限定車や特別仕様車がある。その中でも、この「30th」は、レギュラーモデルとの違いという点では更に特別と言える。そのポイントは専用のボディーカラーとインテリアトリム。
ボディーカラーは、ウィンブルドン・グリーンという割と鮮やかなグリーン・メタリック。インテリアーレザーはクラシック・グリーンとライトストーン・ベージュのコンビネーション。そしてウッドパネルも特別。メイプル・ウッドという明るめの風合い。この全ての組合せが実に素晴らしい!
レンジローバー30th個人的には、ただ1台の2ndレンジローバーを選ぶなら、オートバイオグラフィーか、この30th。限定だからとか、特別仕様だからという理由ではない。素直にこのデザインに惹かれる。特にこのインテリア!
考えてみれば、もう13年前のクルマになる。しかし、そうは見えない。しかししかし、更に年月を重ね、20年30年と経ったときでもきっと色あせて見えることもないように思う。それどころか、いっそう魅力的に感じるのではないだろうか。
できることなら個人的にコレクションにしたい一台である。