代々レンジローバーを乗り継いでこられ、カスタムやメンテナンスで長年オートクラフトをご利用いただいているお得意さまがいる。今日、そのお客さまの元にディーラーから新型レンジローバーが納車され、その足でオートクラフトにお披露目に来てくださった。もちろん、これからのカスタムの相談を兼ねて。

歴代のレンジローバーがデビューするたびにその衝撃は並々ならぬものがあったが、今回も強烈である!第三世代レンジローバーの最終型の完成度もかなり高いレベルにあると思っていたのだが、まだそんなに進化の余地があったのか?!と驚かされるほど新型モデルのクォリティーは高い。どこをどうとっても素晴らしいの一言!呼吸をするのを忘れてしまうほど見惚れてしまう。

NEWレンジローバーため息ばかりでは記事にならないが、正直、今日はとても冷静に見られなかったのでインプレッションはほんの少し、触りだけ。
ご来店いただいたのは外が少し暗くなりかけた頃。リモコンロックを操作すると、出ました!デザイン入りアプローチランプ。レンジローバー・イヴォークではイラストが映し出されていたが、ヴォーグは貫禄ともいうべき「RANGE ROVER」のロゴ!
カッコいい!
レンジローバー_オートバイオグラフィーしばらく見入ったあとにドアを開けると、スカッフプレートにも照明が仕込まれているのに目を奪われた。飛行機や映画館の非常誘導灯のように、何気なく、そしてクッキリと存在を主張している。その白さの美しいこと美しいこと。はあ、やはりため息・・・。
まだまだ驚かされることは山ほどあるだろう!とりあえず今日はこのぐらいで。

もう何度も新型レンジローバーの納車を経験されてきたオーナー様だが、今回の納車の感激もひとしおのようで、その歓びが全身から溢れ出ているようだった。
これから先、カスタムなどを通じてプラスアルファの歓びを感じていただけるようにすることがオートクラフトの務めである。