暑い夏の夜に相応しく、背筋が冷やっとするような話を…。
いやいや、冗談じゃなく恐ろしい出来事が起きてしまった。

何もかもがゴキゲンのMG-F、直射日光が照りつけようが、少々雨が降り出そうが、お構いなしでオープン走行。今日もルーフを開け、さあ出発!

mgf1その瞬間、・・・あれ?シフトが変…。クタクタのクニャクニャ。リンクでも外れたか?いや、そんな生半可な違和感ではない。そしてシフトノブを持ち上げてみた。あれれ?スルっと抜けてしまった!!!
信じられないが、起きてしまった以上、これを受け入れるしかない。なんと、シフトレバーが折れてしまっていた・・・。

mgf3ブーツを取り外して取り付け部分を確認すると、やはり根元からポッキリと折れていた。
走り始める前でよかった。これが走行中だったら大変だった。
さて、どうやって直そうかな。同じピッチのネジを溶接してつなぎ合わせるか。あるいは、金属加工業者に依頼して、丈夫な金属で新たに製作てもらうか。
転んでもタダでは起きないぞ!ブーツに隠れてしまう部分ではあるが、時々こっそり覗きたくなるような、頑丈でカッコいいシフトレバーを作ってやろう!