NEWレンジローバー新型レンジローバーには5リッターエンジンが搭載されているが、自然吸気(NA)モデルと加給機(スーパーチャージャー)付きモデルの二種類が用意されている。
スーパーチャージャー付きモデルには、その大パワーを支えるためにブレーキも大型のものが装備されている。ブレーキキャリパーに大きく記されてはいないが、おそらくブレンボ製である。6ポットのモノブロックで、せっかくならそこに「brembo」とか「RANGE ROVER」と書いていてほしかったと思うほど存在感があるキャリパーである。

実はその大型キャリパーが装着されていることによって懸念していたことがある。レイブリックオリジナルのアルミホイールが適合するかどうか、だ。
ホイールはメーカーや車種ごとにスペックが細かく分かれて、それらのほとんどは数値でしっかり表記されている。リム幅、リム径、P.C.Dなどなど。しかし、表記されていない、というか表現のしようのない項目もあり、そういうことは実際に装着してみないと分からないのである。ブレーキキャリパーやサスペンションなどとのクリアランスもそう。

レンジローバー_ホイールそして結論からいうと、新型レンジローバーには全グレード共にウィンドストームは装着できた。(ウィンドストームはキャリパーと干渉して駄目だったが・・・)
もし取り付かなかったら冬になってスタッドレスタイヤ用としてご要望があったとしてもお応えできなくなる。それなら新たなサイズを製作する必要に迫られるのだが、どう頑張っても今年の冬には間に合わない。とりあえずひと安心。