レンジローバー
2ndレンジローバーオートバイオグラフィーは機関部分の整備に取り掛かった。リフトアップし、タイヤを外して下回りをくまなくチェック。真っ先に目に留まったのはステアリングロッド・ボールジョイントのブーツの損傷。既にグリスは切れており、ボールジョイト部に錆も確認できた。これはブーつだけの交換ではなく、ボールジョイントを含めたロッドASSYで交換することになる。
その他、消耗品類の交換から始まり、現在抱えている不具合箇所の改善も含め、詳細は整理ができたところで改めて紹介しよう。