今朝6時半に目を覚まして窓の外をみると土砂降りの雨だった。しかし風はそれほど強くない。今日はレイブリック主催のゴルフコンペの日。近づいている台風はこれからが本番のようだ。台風さえ過ぎ去ってしまえば天気は回復する予報。それを期待してゴルフ場に向かった。
8時半にゴルフ場に到着。雨は更に強くなり、風はまさに台風のそれとなっていた。しかし、スタートは二時間後の10時半。台風通過には十分な時間があったので、事態はそれほど深刻ではない。参加者は続々と会場に到着し、半数以上が集まった午前9時過ぎ、ゴルフ場から「クローズ(営業中止)」のアナウンス・・・。風に飛ばされた木々がコース内に散乱するなど、コースの管理上の問題とのこと。大きな声になるほどのため息と共に一気に脱力感が襲ってきた。この数日間、何度気象庁のホームページを見ただろうか。残念でならない。
既に会場に到着していたメンバーと共に、ゴルフ場が用意してくれたコーヒーをいただきながら時間を過ごす間にみるみる天気は回復し、やがて雨は完全に止んだ。リンクスらしい強い風だけを置き土産に、台風は完全にとり過ぎた。時計を見ると午前10時半。予定していたスタート時間だ。もし、コースさえプレーに差し支えなければ絶好のリンクスゴルフ日和だったのに・・・。何人もの自称晴れ男が開催実現を信じ続けたのだが、自然の猛威の前に力及ばず、残念ながら第6回レイブリックゴルフコンペは中止となった。
こんな日にも関わらず、ティーオフを信じて集まっていただけたお客さまには心から感謝である。みなさん、ありがとうございました。この無念さを次のコンペ開催で爆発させましょう!
レイブリック加藤ブログ