もう10年ほど前のことだが、どういうわけか首が痛くなったことがあった。寝るのにも困ったほどで、その時は低反発枕をしばらく使うことで痛みがなくなり、以来再発はしていない。ただ、低反発枕は現在も使い続けている。
9月にそれまで借りていた東京のマンションを引き払い、以降、オートクラフトに出社する期間はビジネスホテルを使っている。現在は周辺のホテルを順番に泊まって居心地を試しているところ。コストパフォーマンスは大前提だが、その他ポイントはいろいろある。あるというか、泊まり比べてみていろいろ分かったこともある。朝食の満足度、コインランドリーの有無やズボンプレッサーの使い勝手、空調の具合いなどなど。細かいことでは、バス洗面のお湯の調節のし易さも気になるところ。シャワーを浴びるのになかなか適温に落ち着かないホテルもある。お湯の蛇口をほんの僅か回すだけで急に熱くなったり冷たくなったり・・・。
imageそして、なんといっても熟睡できるかどうかが最も大切。最後の手段は低反発の「マイ枕」を持ち込むことも視野に入れていたのだが、ついに低反発枕完備のホテルに巡り合えたのだ。10年来使ってきたものと同じ弾力。やはり眠れる。夜中に目を覚ますこともない。欲を言えばキリがないし、そもそも限られた予算の中でホテル選びをしているのだから多少のことは辛抱しよう。人間にとって睡眠はとても大事なルーティーンだ。眠れるホテルが一番!どうやら今後は今回のホテルがメーンになりそう。