レンジローバー・ヴォーグのオーナーさまからスタッドレスタイヤへの交換を承った。お客さまは以前レンジローバー・スポーツに乗られていたことがあり、当時のスタッドレスタイヤ用に使っていたホイールを保管されていた。今回はそのホイールを使ってレンジローバー・ヴォーグに合うサイズのスタッドレスタイヤを組み付けた。

ホイールのサイズはレンジローバー・スポーツ/スーパーチャージドの純正サイズと同じ、「9.5J×20(リム幅9.5インチ、外径20インチ)」。レンジローバー・ヴォーグに20インチのタイヤを履く場合には、通常ならスーパーチャージドと同じ255/50R20を使えばよい。しかし、その場合にはリム幅9.5インチは少し広い。9.5インチには幅275mmのタイヤのほうがマッチする。
既存のホイールを基準にすると自ずとここまでは決まってくる。さて、残りは扁平率の決定。
こんな時には、まず純正サイズの外径を計算する。1inch=25.4mmで計算すると以下のようになる。

255/55R19・・・・19×25.4+255×0.55×2=763.1mm
255/50R20・・・・20×25.4+255×0.50×2=763.0mm

目標は定まった。およそ763mm!
幅275mmのタイヤを20インチのホイールに合わせるために、そのあたりのタイヤサイズの外径を同様に求めてみる。

275/40R20・・・・20×25.4+275×0.40×2=728.0mm
275/45R20・・・・20×25.4+275×0.45×2=755.5mm
275/50R20・・・・20×25.4+275×0.50×2=783.0mm

この三択になれば、計算上7.5mm外径は小さくなるが「275/45R20」が相応しい。外径が多少大きいぐらいは大丈夫だが、2cm大きいのはホイールハウス内に干渉する心配も出てくるので275/50R20は避けたほうが懸命。特に、エアサスペンションを下げた時にそのリスクは増える。内輪で一番近いサイズが275/45R20となるわけだ。

レンジローバー_スタッドレスタイヤ


ずっとミシュラン製タイヤ「LATITUDE X-ICE」が気になられていたオーナーさま、サイズを探してみるとバッチリ見つかった。
雪道を存分に楽しんでください!

今日は算数の授業でした。