レイブリック加藤ブログ昨年2月ぐらいから段階的に進めてきたレイブリック店舗内照明のLED化、今日、その灯りを見ながらふと実際の電気料金が気になった。
LED器具への交換は、営業時間内に常時点灯させておく器具を優先に進めている。まだ完全ではないが、水銀燈など電力消費量の大きいものから交換を始めた。交換時期も段階的なので確実なデータとは言えないが、それでも電気料金を調べてみると、低く見積もってもおよそ13%安くなっている。これなら予定どおりの期間でイニシャルコストは回収できる計算になる。水銀燈や蛍光灯のように切れて電球を交換するリスクもすくないだろうから実際にはもう少しメリットは出るだろう。環境に配慮できていることも事実だが、日々「経費」のことを考えている身にとってみれば、こうしてコストに現れてくることはとても嬉しい。
俄然やる気が出てきた!器具もどんどん安くなっているし、点灯時間の長い場所の照明から次々と見直していこう。
照明器具のecoもそうだが、エアコンや冷蔵庫なども最新のモデルに交換することでずい分電気代が安くなるらしい。当然性能も向上し、お客さまやスタッフにとっても快適な空間になることだろうし、そこらあたりも考えながら有意義な設備投資を検討していこう。