私の朝食はパン食。子供の頃は田舎の大家族だったこともあってご飯と味噌汁だったと思う。学生時代は朝ごはんは食べなかった。低血圧で朝寝坊の生活だったので登校前に朝ごはんを食べる時間がなかった。大人になってから朝食を食べるようになったのだが、気がついたらパンとコーヒー、そしてヨーグルトというスタイルで定着していた。もう20年以上変わっていない。
現在の生活パターンは、だいたい隔週で東京へ来てホテルで3〜4泊する。ホテルでの朝食はバイキング。洋食と和食が用意されている。そこでも、これまでどおり洋食だった。ところが、最近は年齢のせいもあるかもしれないが、急にごはんが食べたくなった。マンション暮らしのときと違ってホテルの部屋では夜半にお腹が空いても食べるものがない。結局そのまま寝るしかないから朝にはお腹がペコペコ・・・。それもご飯を食べたくなった要因かもしれない。

加藤ブログ結局は食べたいものを食べればよいのだが、気になるのは健康維持と太りつつある体型・・・。バイキングでは焼物や煮物など更にいろいろなメニューが揃っているのだが頑張って控えめにしている。何がふさわしいかよく分からないので、結局ご覧のとおりかなり質素な食事となる。
いずれにしても血糖値を急に上げないようにまずは野菜をたっぷり食べ、それから味噌汁と納豆ごはん。デザートにフルーツとヨーグルト。そして、ビタミンを破壊してしまうと言われているコーヒーはできるだけすぐには飲まないように!
春には毎年恒例の人間ドックがある。それまでに増えてしまった体重をなんとか減らし、栄養のバランスを整えておいて良い結果が出るようにしておかねば!