オフィスや家庭で使う照明器具をLED化することで、使用電気量を減らすことができてecoになる。自動車の場合は電気料金はほとんど関係ないので、ecoという観点ではバルブ交換の頻度が減ってゴミを減らすことができることぐらいだろうか。それでも、バルブ切れの頻度を少なくできることは安全面からも、その交換作業の煩わしさから開放されるという点でも十分に意味がある。もちろん照度アップも。なので、最近私は特に興味を持っているわけである。
先日、クラシック・レンジローバー、バハマ号のH4タイプのヘッドランプバルブを交換した記事を書いたのだが、その反響が何件かあり、例えば3rdレンジローバーのユーザーさんからも前照灯をトータルで見直せないかという問い合わせもいただいた。そこでさっそく検証してみることにした。
ハロゲン(左)とLED(右)今回はH7規格のフォグランプで試してみることにした。LEDバルブを用意し、さっそく取り付けてみた。鮮やかに白く輝いてそれは期待以上だったが、問題が二点発生。ひとつは、抵抗値の違いによりメーター内に「バルブ切れ」の警告表示が出てしまうこと。まあそれは我慢したとして、実用的にはもうひとつのほうが厄介。
レンジローバー_フォグランプ点灯中にエンジン回転に合わせるように光がチラつくのだ。これは実際に夜道を運転するとかなり気になる。クルマの個体の問題かと思い、数台で試してみたが全てダメ。どうやら3rdレンジローバーは相性が悪いようだ。
向かって左側がノーマルのハロゲンバルブ、右側がLEDバルブ。輝き方は申し分ないだけに残念・・・。

レンジローバースポーツLEDH7規格のバルブは、他車種ではレンジローバー・スポーツ(前モデル)のHiビームでも使われている。そこでデモカーで試してみた。するとこちらではチラつきはなかった。ディスカバリー3に取り付けてみたが大丈夫。このあたりの車種との相性はよさそうだ。

ヘッドランプを白く明るくし、そしてメンテナンスフリーにできるのであれば、きっとそれは多くの方が望んでいることだろう。今後、各バルブメーカーからヘッドランプ用LED交換バルブが商品展開されていくことがあれば随時試験していこうと思う。