例外なく毎年3月は多忙である。今年は消費増税に伴い、とてもありがたいことに多くの「駆け込み需要」も頂戴し、もちろん税額変更の事務処理もあり、更にその最中にレイブリックの税務調査も行われたという多事多端の年度末をどうにかやり過ごし、少しホッとしたところで今日は自宅でゆっくり休暇をとった。

時間ができたらやりたいと思っていることは山ほどある。その中のひとつに庭の手入れもあった。我が家はマンションの一階部分で、狭いながら専用庭が付いている。子供らがさんざん遊んだその庭は、元々生えていた芝生はいつのまにか枯れ、踏み固められた土と、その周囲に雑草が伸びるというなんとも無残な状態になっていた。鉄棒や竹馬や、そこらじゅうに穴をほって缶を埋めてゴルフ遊びをしたり、そんな子供らも成長してこの春からふたりとも高校生になった。きっとこれからなら庭の芝はほじくり返されることなく普通に育つと思う。
加藤ブログできることならD.I.Yで挑戦しようと思っていたのだが、芝が育つにはちょうど良い季節だし、そんな絶好機に素人が芝を植えて失敗したのでは勿体無いと思い、今回はプロにお願いをして芝を張ってもらった。梅雨に入るまでは根気に水やりが必要とのこと。早く根が付き、夏になって青々とした庭になるのが楽しみだ。