電気的な修理やオーディオ交換などで、例えば数本の配線を繋ぎ合わせる場合、その方法はいろいろある。今後も脱着の可能性がある場合にはギボシ端子を設けるのが一般的。しかし、基本的に切り離すことがない場合にはできるだけスッキリと完結させたい。半田付けは確実な方法のひとつだが、今日はスプライスという端子金具を使って接続した。

レンジローバー配線
この小さな金具がスプライス。まず、配線の先端部分の皮膜を剥ぐ。あらかじめ片側に熱収縮チューブを通しておく。

レンジローバー配線修理
接続する配線を重ね、ターミナルプライヤーという工具を使ってスプライスで二本の配線をかしめる。

レンジローバー電気配線
そしてあらかじめ通しておいた熱収縮チューブを被せ、熱を加えて収縮させる。

レンジローバー修理
これで導通も絶縁も安心。半田付けした場合でも熱収縮チューブで仕上げることで接続部分がとても丈夫になる。作業も簡単で見栄えもとても良い。
スプライスや熱収縮チューブはとても些細なものだが、確実な作業のためには重要な材料である。