レンジローバー写真はクラシック・レンジローバーのデファレンシャル。エンジンの回転がトランスミッションで減速され、トランスファーによって前後に配分される。その「縦」の回転力を「横」に変換するのがデファレンシャルである。
今回はデファレンシャル内部のベアリングを交換している。こういった「メカ」に触れる仕事こそメカニックの醍醐でもあるのだが、例えば今後エンジンが電気モーターに代わっていくことだって考えられる。機械である自動車が、徐々に電気製品に変わっていくようにも感じるし、実際に電子化は進んでいる。しかし、アクスルやブレーキから「メカ」が消えることは今のところ考えられない。
つまり、いくらクルマが進化してたとてもメカニックとしての楽しみが無くなるわけではないだろうと、私はそんな風に考えているわけである。