流行遅れだがパソコンのXP問題について。
レイブリックで使っているソフトでOSがWindowsXPしか対応しておらず、Windows7への移行ができないものがあった。整備の帳票を作り、経理へと直結するソフトである。ソフトメーカーは従来のソフトのアップグレード版を出さずに、Windows7移行に対応する新製品をリリースした。つまり、レイブリックが使っていたソフトはWindowsXPのサポート終了と共に見放されてしまった格好だ。ちょっとだけ愚痴をいうと、そのソフトはパソコンとセットで5年リースの契約をしており、来年の2月まで契約期間が残っているのだ。腑に落ちないなあ・・・。しかし、だからといってXPを使い続けることのリスクは高まるばかり。
4月のXPサポート終了以降、社内のネットワークとは切り離してソフトを使い続けていたのだが、他のものはWindows7やWindows8で利用するわけだし、スペース効率も含めてXPの継続利用は諦めることにした。加藤ブログ_レンジローバーWindows7対応の新製品のソフトを導入し、一昨日からデータの移行を行い、今日から本格稼動だった。
ソフトが変われば使い方も変わり、慣れるまでは仕事が捗らない。しかし、こればかりは仕方がない。妄想で頭を使うのは得意だが、物事を頭に叩き込むのは苦手だ・・・。あ、だから私は学校の勉強が苦手で成績が悪かったのだろうな(笑)。
とにかく、年々衰えていく頭に鞭を打って叩き込むしかない。

加藤ブログ_ランドローバーそんな最中、スマホにもトラブル発生。メールなど、一部の通信が行えなくなった。サポートセンターに問い合わせると、電源を入れなおし、それでもダメなら初期化。そして最後にメーカーに送って修理または交換。そんな流れだとのこと。データのバックアップを取り、結局初期化で復旧した。簡単に書いたのだが、パソコンと同じで、初期化をするとその後の復旧作業がとんでもなく大変。それまで使っていたアプリなど、全て再インストールが必要。完全復旧に何日かかるだろう。気が遠くなりそう。。。

がんばろう・・・。