bilsteinドイツのショックアブソーバーメーカー、「BILSTEN(ビルシュタイン)」。私はとても好きなブランドで、個人的にもかつてディスカバリー・シリーズ1や2ndレンジローバー、ディスカバリー3に装着してきた。現在、愛用しているクラシック・レンジローバーのバハマ号にも着けている。1990年代の、まだ走行中の車体の揺れが激しかった頃のランドローバーに対しては、レイブリックでも多くのお客さまにお勧めし、その効果が大きいことでずいぶん歓んでいただけた。余談だが、2001年に日本国内のビルシュタインの代理店を対象にコンテスト行われ、レイブリックもビルシュタイン製品を多く販売したことで入賞し、私は一週間のドイツ旅行へ招いていただいた。それほど多くのユーザーに支持されたアイテムだったのだ。
最近のランドローバーはロールやピッチングなどの車体の揺れはしっかり抑えられており、よってアフターパーツとしてBILSTEINの需要はほとんどなくなってしまった。

そして久しぶりに珍しいところでBILSTENのロゴを見た。なんと建築材料として使われることになったようだ。建物を地震の揺れから守る「制振ダンパー」として住宅の骨組み部分に組み込まれるというもの。
現在の私の住まいは分譲マンションで、今のところ一戸建ての計画はない。しかし、興味あるなあ。お気に入りのBILSTEINは壁の中に隠れてしまって完全に自己満足の家。しかし、いざという時にはきっと家を守ってくれるという安心感付き!
もし、私がBILSTEIN付きの家を建てたなら、鬼瓦の代わりにBILSTEINのロゴマークでも飾ってやろうかな。笑