今日はMG-Fのオーディオの続編。
加締めが弱かったアンプ配線のギボシだが、それはギボシとは呼ばずに「ラグ」というらしい。私は初めて知った・・・。そのラグだが、メッキにもいろいろ種類があるらしく、金メッキを買えばよかったものを、私は誤ってロジウムメッキをオーダーしてしまったようだ。色が合わない・・・。しかも、ロジウムメッキのほうが高価だった・・・。
加藤ブログMG-Fしかし、返品の送料を考えたらこのまま使うのが得策。私の耳ではその音の違いなどきっと判らないだろうから。
ということで、高級ロジウムメッキのラグ端子を、今度は外れないようにしっかりと加締めた。

それにしても、高級オーディオの材料は私の感覚では想像を絶するほど高価だ。有名オーディオ専門店で組まれたシステムが"ん"十万円で済まないとかいうのも分かる気がした。8個セットで数千円のラグ端子を、このMG-Fのフロントスピーカーだけで数十個使っている。スピーカーや電源ケーブルもきっと目が飛び出るほどのメーターあたり単価なのだろう。
その世界に足を踏み入れたら、お金が幾らあっても足りなさそうだ。汗