ステアリングホイールのレザー張替え、これを行ったオーナーの多くは、「これほどリフレッシュ感を味わえることはない!」と満足してくれる。「どうしてみんなやらないのでろう?」とまで仰る方もいる。ドライバーの目線から最も近い場所にあるパーツであり、絶えず視界に入り、絶えず触れているもの。クルマを運転する上で、最も身近な存在なのがステアリングホイールなのかもしれない。
今日もあるお得意さまから電話があり、張替えのオーダーをいただいた。クルマはジャバ・ブラックのレンジローバー・スポーツ。レザーカラーは標準のブラックと決めているのだが、ステッチをシックにブラックで行くか、それともせっかくだから個性を出すか。ベージュなど白系のステッチでコントラストを出すか、あるいは色モノを使ってカスタムするか。
レンジローバー_ステアリング_レザーそこで私はステッチのサンプルを写真で撮り、画像をメールに添付してお送りした。その上で、「加藤さんならどの色を選びますか?」とアドバイスを求められた。私なら、汚れるかもしれないがやはり白系にするか、あるいは意外にグリーンあたりが面白いのでは!と答えた。
明日は祝日でレザー職人も休みなので、あさっての朝まではじっくり検討していただく時間がある。構想の時間も楽しみのうち。そうやって、ご自身でじっくり悩んだ結果、イメージ通りのステアリング・ホイールが出来上がったときにはその喜びはきっと倍増するだろう。