オートクラフトは5月末に第19期を締めた。その後、商品の棚卸を含めた決算整理を進めてきた。決算整理は2ヶ月間で行う。買掛金や未払い費用、売掛金を正確に整理するためにも不可欠な期間であり、そういう意味では3ヶ月が必用になることはない。必用にして十分、実に的確なルールである。

ただ、今年の決算は例年とは異なる注意点があったので少々神経を使った。仕入れ売上げ共に、消費税率が5%のものと8%のものが混在する。それらを間違いなく処理するために、かなり注意深く帳票をチェックした。
既に始まっている今期はよいとしても、来期の途中には再び消費税率の変更を覚悟しておかなければならない。面倒であることに対して愚痴を言いたくもなるが、更に言わせてもらうならその度に新消費税率対応の改訂版経理ソフトを購入しなければならないことが悔しい・・・。

オートクラフトとにもかくにも、一期一期積み重ねていけることに感謝をしなければ。こうして「次期繰越」のアイコンをクリックする度にそう思う。
お酒が飲めない私だが、なんとなく打ち上げたい気分。何か美味しいものでも食べて帰ろう!