このクルマの作業風景を随時レポートしていきたかった・・・。私がオートクラフトに出社するタイミングが合わず、気がついたら作業はどんどん進んでしまっていた。

レンジローバー_ジバニーグリーン写真のとおり既に「磨き」の工程に入っているのだが、このレンジローバーはボディーカラーの変更を伴う全塗装を行なった。元々はアドリアティック・ブルー。微妙な表現だが、少し黒く濁った濃紺である。それをオーナーさまのご意向でご覧のようにジバニー・グリーンに塗り替えた。一般的に人気カラーだったブラックやホワイトにカラー変更した例は珍しくないが、ジバニー・グリーンというところにオーナーさまの拘りを感じる。確かに素敵で、時が経つごとに人気度が増しているように感じる。

レンジローバー_アスペンこのジバニー・グリーンのボディーカラーには、一般的にはインテリアカラーはアスペンという淡いグリーン系が組み合わされる。温かみを感じるとてもお洒落なインテリア・コーディネトである。内外装が同系色で統一されるわけだ。
ココから先は私個人の趣味の領域なのだが、仮にジバニー・グリーンのボディーカラーを選んだ場合、もしインテリアを自由に選べるとしたらどんな色を選ぶだろう?元来私は妄想好きで、好きなクルマを好みのスタイルにコーディネトして楽しんでいる。時にはボナティー号やバハマ号のように実際に形にしてしまうこともあるが・・・。とにかく、ジバニーを楽しむ過程では、私の妄想の中ではインテリアはパーチメントと呼ばれる薄いベージュ色だった。

レンジローバー_パーチメント今回、元々のボディーカラーはアドリアティック・ブルーだったのだが、アドリアティック・ブルーの場合にはインテリアは一般的にパーチメントが組み合わされている。なので、今回の塗装作業によって外装ジバニー・グリーン、内装パーチメントという私の妄想のレンジローバーがと同じ仕様が出来上がったのだ。なんて爽やかなコーディネイトなんだ!オーナーさまを差し置いて、勝手に痺れている私である。笑

色変更の全塗装というと、やはり高額の費用が掛かる。それだけ思い切ってコストを掛けるのだから、この先も長く乗られる覚悟があってのこと。それなら、機能面のメンテナンスにも手を抜くわけにはいかない。そうこうしていると代替できるほどのコストが掛かることにもなる。そこで代替に踏み切るか、それとも代替したと思って愛車をセカンドステージに導くか、どちらもアリだと思う。決断するのはオーナーさま。我々の役割はその決断を経験と技術でお手伝いすることである。