ランドローバー写真はクラシック・レンジローバーのスターターモーター。エンジン始動時にのみ作動する。当たり前だが。
従来は、ガソリンエンジンにしろディーゼルエンジンにしろ、どんなエンジンにもスターターモーターは取り付いていたのだが、電気モーターとのハイブリッド車の登場によってその当たり前はそうではなくなった。ランドローバーのハイブリッド車がまだ日本には正規輸入されていないこともあって、私は未だに触れたことも見たこともない。不勉強でその構造も把握できていない。仮にトヨタのハイブリッドと同じような仕組みならトランスミッションやトランスアクスルあたりに駆動用のモーターがあり、発進時はそのモーターによってクルマは動き始め、その後パワーが必用になったときにその回転につられてエンジンがブルンと掛かって大きな駆動力を生む。
ハイブリッド車がシェアの伸ばすのか、水素を使ってモーターを駆動する燃料電池自動車が発展していくのか私には読めないが、いずれにしても大きな電源と大きなモーターが積まれる自動車が増えていくのは間違いなさそうだ。私が学んできた自動車の構造はどんどん知らないものに変わっていく。見失わないように頑張ってついていかなきゃ!とりあえず、既に英国を始め、海外各地で活躍しているランドローバーのディーゼルハイブリッド車が日本に導入されと良いのだが。期待しているファンも多いはず。


ユニオンジャックところで、英国では今まさにスコットランド独立の住民投票が行なわれているわけで、私の生活には直接大きな影響はないと思うのだが、ちょっと気がかりなのは国旗問題。ユニオンジャックは、イングランド北アイルランドスコットランドの三つの国旗が重ねられて現在のデザインになっている。スコットランドが抜ければ、ユニオンジャックでいうところのブルーの部分が無くなり、白地に赤で米の字を描いたようなデザインに変わることになるのかな。ランドローバーにユニオンジャックがあしらわれている例は少ないが、例えがミニなんかはルーフやミラーに大きくユニオンジャックが描かれていることは多く、今後はそれらもツートンのデザインに変わっていくのかだろうか。どうなることだろう。結果は明日。