これもレンジローバーの大きな特徴のひとつである。
レンジローバー(今日の「レンジローバー」は、現行車種でいうならレンジローバー・ヴォーグの事をいう。)のテールゲートは初代クラシックの時代から上下に分割して開くような作りだ。アッパーゲートは上側に跳ね上がり、ロワゲートは荷台の床面と同じ水平位置までバタンと倒れる。最近では電動で開閉ようになったが、それでも開く方向は同じ。
レンジローバー写真は2ndレンジローバー「ナイアガラ号」のロワゲート部分。開いた時には左右に張られた太いワイヤーで支えられる。その強度はなかなかのもので、大人が数人乗っても大丈夫なほど。ルーフのワックス掛けの際にはアッパーゲートを閉め、ロワゲートを開けた状態でその上に乗って作業を行える。
そんな丈夫なワイヤーが突然切れた。ワイヤーは養生のためにゴムのチューブに通されている。おそらくその内部に溜まった水分が原因でワイヤーが錆びたのだろう。片側が無事に残っているのでロワゲートがバンパーに当たるまで落ちてしまうようなことはないが、これではさすがに重い荷物や人を支えることはできない。これではレンジローバーらしくない!と言いたくなるほど、私にとっては絶対に抑えておきたいレンジローバーの必須アイテムなのである。
ということで早速交換。これがレンジローバーであることを確かめるように何度もここに座った。