レンジローバー今日はナイアガラ号のメーター照明に関する不具合の報告を。結論を言うと、原因は照度コントロールのスイッチだったと言える。スイッチを交換して以来、すっかり不具合はでなくなった。
ただ、結果的に直ったからといって、実のところ裏付けはとれていない。不具合があったと思われる元々付いていたスイッチを分解し、内部のマイクロスイッチを個々に点検したのだが、その作動は全て正常だった。状況的には「暗くする側」のスイッチの接点が導通しっぱなしであれば辻褄があうのだが、スイッチは正常にON-OFF作動をするのだ。不可解だ・・・。
そんなわけで、決め手がないまま症状は改善されてしまったという、情けない結果となってしまった。ただ、今後2ndレンジローバーのオーナーさまが同様の不具合を経験された際には何らか参考にしていただけると思う。


話は変わるが、今朝の名古屋はパニックだった。未明からの雨でで地下鉄名古屋駅構内が浸水し、大動脈である東山線が広い範囲で不通になってしまった。関東では、人身事故などの影響で通勤時間帯に鉄道が止まったり遅れたりすることはそれほど珍しいことではない。そんな時、鉄道会社が「遅延証明書」というものを発行し、希望者に配布される。つまり、会社や学校に遅れたことの原因を証明してくれるものであり、例えばそれを提出することで「遅刻扱い」にならない、そんな会社もある。(名古屋でもあるのかな?私は東京へ出るまでそれを知らなかった。)
名古屋は今回のように電車が遅れることに慣れていない。家族にクルマで送ってもらう人やタクシーを使う人も多く、道路も大渋滞だったようだ。東京に居るともっとクルマを使いやすい街にしてほしいと思うが、名古屋ではクルマばかりに頼らずに生活できる街作りに憧れてしまう。勝手なものだ!