今朝、私は名古屋から特急しなのに乗った。向かう先は信州。しなのに乗るのは高校二年の夏以来だから、およそ32年ぶり。当時の記憶はほとんど無いのだが、現在のしなのは「振り子式」と呼ばれる乗り心地を重視した車両が使われている。その不自然さで乗り物酔いを起こしてしまうこともあると聞いていた。
そんなわけで少し緊張しながら列車に乗り込み、そして発車をしたのだった。それが予想に反して快適そのもの。退屈しのぎに文庫本を用意していたのだが、車窓からの眺めを楽しんでいるうちにあっと言う間に3時間の列車の旅を終えてしまった。

加藤ブログ1加藤ブログ2

加藤ブログ3加藤ブログ4


さて、今日は決して旅行ではなく、レイブリックのお得意さまを訪ねるのが目的だった。レイブリックで既に二台目のランドローバーをご購入いただき、とても気に入って大切に乗っていらっしゃったのだが、今回どうしても手放さなければならなくなったのだ。今日、私はそのクルマの買い取りのために信州にお住まいのお客さまを訪れたのだった。
お客さまの現在の生活の中で、とても狭い道を通う必要が発生し、それが毎日のこととなるとさすがに負担に感じられるようになったのだ。増車することなど、なんとかランドローバーを手放さずにおく方法も検討されたのだが、ご家族で相談した結果、今回は一度ランドローバーを諦めてコンパクトカーに買い替えようという結果となった。15年間に渡って二台のランドローバーに乗り継いで来られたのだが、その間にはご結婚、そしてお子さんの誕生などを経験されてきた。つまり、ご家族のみなさんにとってはどんな時もランドローバーがあったわけだ。お子さまたちは、パパがランドローバー以外のクルマを運転していることを見たこともなく、完全に「パパ=ランドローバー」なのである。
そんなふうにご家族のみなさん全員から愛されていたランドローバーだけに、みなさんがお揃いの時間帯に合わせてお客さま宅から旅立てるよう計画を立てた。夕方、私がランドローバーに乗って出発する時には、ご家族のみなさんに手を振られながらのお別れだった。次もこのクルマを大切にしてもらえるオーナーさまに出会えますように、その思いを乗せて。夕闇の中、バックミラーには角を曲がるまでみなさんが手を振られる姿が写っていた。私はハザードを5回点滅してお別れを告げた。

曲にしよう。
しまった、5回点滅はハザードではなく、ブレーキランプだった・・・。
今夜はDREAMS COME TRUEで「未来予想図2」。