レンジローバー_ロワアームブッシュこれは3rdレンジローバーのフロントサスペンション・ロワアームブッシュ。ご覧のようにラバーに亀裂が入っている。これでは十分な働きはできない。このブッシュは特に前後の動きを適度に吸収するものと思われるのだが、およそ2.5トンの車体のストップ&ゴーの度にココに負荷が掛かる。この車両は既に走行12万キロ近く走っているのだが、こういった部分をメンテナンスすることでまだまだ十分に乗り続けることができるはず。
レンジローバー_ロワアームサスペンションブッシュは、人間に例えるなら間接の軟骨や靭帯のようなもの。しっかりと、そしてしなやかに動く必要がある。これはブッシュ交換後の様子。見るからにシャキっとしている。走行フィーリングの改善も期待できる。