レイブリックの移転先の候補地、といっても私が勝手に「ここに引っ越したい」と思っていただけではあるが。いずれにしてもその土地について不動産業者に依頼して調査を行ってきた。途中からは建築会社にも入っていただき、借地にしろ購入するにしろ仮にこの土地を使うことができた際にサービス工場などを建てられるかどうかどうかも並行して調べてきた。
今日、その結論が出た。回答は「NG」。この場所では行政による建築許可が下りないとのこと。この時点で一旦全てが白紙になった。ここまで時間が掛かっていただけに余計に良い結果を期待していたのだが。残念・・・。

土地を購入あるいは賃貸し、そこに社屋を建てる。事業として採算を考えれば自ずとそこに掛けられるコストが割り出される。今回の物件なら予算的には計画に乗せられるものだった。現状では長久手市内では唯一の可能性だったかもしれない。それ以前に、私はこの土地周辺ののロケーションが大変気に入っていた。
倉庫の立ち退きのタイムッリミットは迫っている。前を向いて歩いていくしかないのだが、今日だけはちょっと黄昏れてしまう・・・。今夜一晩寝たら気持ちを切り替えてまた新たな策を考えよう!

加藤ブログ_レイブリック


こんな時は私のとっておきの元気ソングを聴こう。 "まだ描き続けたい夢がある" 今夜はMr.Childrenで「蘇生」。