自動車整備をしているとボルトやナット、タッピング、その他金具類などがどんどん溜まっていく。もちろんこれは我々の仕事にとってはとても大切な財産でもある。例えば整備の過程で錆付いたボルトを緩めようとしたら折れてしまうこともある。そんな時は同じボルトを用意する必要があるわけでが、もし手元になければたったボルト一本のために作業が中断してしまうことになる。そんな時に中古ボルトでもあれば手が止まることなく完成に向かうことができる。
こんなこともある。仮にボルト4本で留まっているパーツがあり、先ほどのように1本のボルトが折れてしまった。サイズの合う中古のボルトが見つかったのだが、頭の形状が微妙に違う。見える場所だと1本だけ違うと違和感がある。それならデザインが揃うボルトを新たに4本揃えてしまえばよい。
とにかく、中古のネジ類は宝の山と言っても過言ではないほど必需品なのだ。

加藤ブログそのネジ類を、レイブリックではシリーズごとに箱に分けて分類している。ボルト、ナット、タッピング、ワッシャーなどなど。たったこれだけのことだが、いざという時に必要なネジを探しやすく、作業が大変はかどる。