必要なのは、”やり返さない勇気”を持つこと

今日、DVDで観た映画、「42−世界を変えた男」、昨年公開された作品でメジャーリーグ初の黒人プレーヤーの実話である。まだ黒人差別が激しかった時代に黒人プレーヤーを採用しようと決断したドジャース球団の会長、そして厳しい批判に耐え抜いた主人公ジャッキー・ロビンソン、彼らが貫き通したその精神力に心を打たれた。
後にジャッキー・ロビンソンの背番号「42」が、メジャーリーグ全球団の永久欠番になったという事実が、その全てを物語っているようだ。

世界を変えた男

何年か前にテレビで偶然その日の試合を観たのだが、毎年4月15日はジャッキー・ロビンソン・デーと呼ばれていて、全球団の全選手が背番号「42」を着けてプレーする。その試合では当時マリナーズのイチロー選手の背番号も「51」ではなくもちろん「42」だった。

ドジャース会長が黒人のジャッキー・ロビンソンをチームに招いた時に、これから受けるであろうどんな厳しい試練に対しても癇癪を起こさず「やり返さない勇気を持つこと」だと悟す。それから始まる長い闘いは、映画の時間枠の中ではとても表現しきれていないほど壮絶であっただろうことは容易に想像できる。
納得がいかないことに直面するとすぐに感情的になってしまう私だが、そんな時には「42」の数字を思い浮かべて気持ちをコントロールしてみよう!