愛知県の交通マナーは悪いと言われることがある。最近は東京都内をはじめ、各地を運転する機会が多いのだが、そうやって地元以外で運転しているうちに愛知県の交通マナーについて分かってきたことがある。

ここは東名高速道路の名古屋インターチェンジの出口。長久手方面に出て県道に対して右から左へ合流する部分。もっとも、ここに限らず、こういった合流箇所はいたるところにあるわけで、今日は「合流」を取り上げて愛知県の交通マナーについて触れてみようと思う。

加藤ブログ

ゼブラゾーンを跨いでいる白い乗用車(ミニ)も右から左(県道)へ合流希望の車両。そのずっと前にワゴン車(ハイエース?)が見えるが、その前にも数台の合流車両がいる。県道は一回の青信号では行けない程度の軽い渋滞になっている。信号が青になって進み始める時に右からの合流車両を順番に入れてあげれば良いのだが、現実は車間をあけずに詰めてしまってなかなか合流させない。信号待ちで渋滞している県道側のドライバーからすれば、空いている合流車線からすーっとやってきて渋滞の間に入ることが癪なのかもしれない。合流したいのに入れてもらえない車両は、もうこの先は進むことができない場所まで追い詰められる。そうなると「空いているレーンをすーっとやってきて、こんな前で割り込もうとはけしからん」とばかり余計に入れてもれえなくなることもある。入る側は一瞬の隙を見逃さずに入るか、半ば強引に割り込まなければならなくなり、時にはクラクションを鳴らされることもある。こういった光景は名古屋ではよくあること。実際に目の前でも起きている。
では、ゼブラゾーンを跨いでいる車両は何故ここに居るのか。「私は右側を"すーっと前まで行く"ようなことをしないからこの辺で入れてよ!こんなに手前なんだから意地悪しないで入れてくれるよね?!」というアピールなのである。それでも「どうぞ」と言ってくれる"親切な"車両が現れるまでこうしてタイミングを計っていなければならない。
「おいおい、俺はこんな手前では入らないぞ!もっと前まで行って上手に入ってやる」という威勢のいいドライバーは白いミニの右側をすり抜けて進めるところまで一気に進む。実はハイエースもそのクチ。もう順番も何もない・・・。

こんなシーン、例えば首都高の合流地点では見たことがない。どんな場所の渋滞合流でも必ず一台づつ交互に入っていく。入る側も二台同時には入らないし、入れる側は何の躊躇もなく一台を自分の前に入れる。だからゼブラゾーンを使う必要もない。しかるべき合流する地点で自然に行われている。それが当然のように流れているにも関わらず、入れてもらったほうはハザードを点滅させて「ありがとう」を伝える。

どうして愛知県がこういう文化になっているのか私にははっきりしたことは分からないが、自分の地元が「マナーが悪い地域」と言われることが悔しいので、私は夜間ならヘッドランプを消すなどして「どうぞ」と入れてあげるようにしている。逆に、首都高ではあまりしないが二台まとめてだって入れてあげる。
そう、レンジローバーに乗っていると余計にそういう気持ちにさせてくれる。