名古屋から東京へ積載車で移動。CDプレーヤーも無く、音はラジオのみ。FMで音楽を流すのも良いが、昼間のAMはほのぼのとして意外に面白い。静岡県に入ってしばらくまでは地元愛知の放送が入る。電波を拾った局はCBC中部日本放送。聞こえてきた声は、”つボイノリオ"。地元ではきっと知らない人はいないだろう。
もちろん、とても面白い!そして今日もひとりクルマの中で大爆笑してしまった。そのネタを。

参議院会議でアントニオ猪木議員が防衛庁長官にこんな質問をした。地球外から飛来したUFOに対し、戦闘機がスクランブル発進をしたことがあるか?と。その回答は、「そのようなことは一度もない」と。つボイノリオさんによれば、質問の趣旨は「スクランブルを掛けるかどうか?」ではなく「防衛庁としてUFOの存在を肯定しているのか否か?」だと。つまり、防衛庁では「UFOは存在しない」という見解なのだろう、と。
こんな前置きをした後のつボイさんのコメント。

「僕なら、UFOが出てきたらスクランブルを掛けずにお湯を掛けますね!」
レンジローバー