クルマの中で音楽を聴く、その方法は?
自動車の免許を取り、始めて自分のクルマ乗れるようになった頃、もう30年以上も前のことだが、当時の主流はカセットテープだった。先輩方は「俺たちの頃はハチトラ(8トラック)だった!」と昔話として笑わせてくれたものだが、当時の全盛はカセットテープだった。レコートを買って自宅でカセットに録音し、それをクルマの中に持ち込む方法が極めて一般的だったと思う。

その後、CDの時代が訪れ、現在まで長く続いている。私の場合、CDも使ってはいるが、基本的にはタブレットに収録したものをブルートゥースで飛ばす方法で聴いている。バハマ号やナイアガラ号にはケンウッド製のブルートゥース対応オーディオを取り付けている。どちらのクルマに乗ってもお気に入りの音楽が聴ける。
レンジローバー_bluetooth最近では、仕事でマイカー以外のランドローバーに乗る際にも自身のタブレットを活用できることが多い。写真(季節感のないジャケットが写っているが・・・)は新型のレンジローバー・スポーツの車内だが、標準装備のオーディオがブルートゥースに対応している。ランドローバーに限らず、そういう時代である。

家庭用のオーディオもブルートゥースを使うことでスピーカーへの配線が不要になっている。ほんの30年前、レコード針や磁気テープを使ってジリジリとした接触音混じりの音楽を聴いていた頃には全く想像できなかったテクノロジーだ。30年後、元気で生きていれば私は80歳。どんな時代になっていることだろう。きっとCDもUSBもすっかり無くなって、全く別の方法で音楽を聴いているだろうな。ボケずに時代についていけていられるように頑張っていかなきゃ!