一昨年、高校時代の同窓会を開催した。それを機に、30年間途絶えていたネットワークの多くが復活した。「復活」というより30年前には存在しなかった新たな関係が築かれたというほうが正しいかもしれない。

私が活用しているSNSには同窓会をきっかけに共通の趣味を主旨とするグループがいくつか作られている。ゴルフ同好会、テニス同好会、バンド同好会などなど。このゴールデンウィークはそれらのイベントが目白押しだった。ゴルフコンペは今ではすっかりゴールデンウィークの恒例行事になった。テニスに関しては私は超初心者である。高校時代にテニス部だったり社会人になってスクールに通うなどして上達した仲間に混じって走り回るだけなのだが、なにせ「同好会」、ただ楽しければよいという純粋なもので、下手くそな私も仲間に入れてもらえている。この連休中にはバーベキューもできる高原のテニスコートへ出かけて一日を過ごすという充実した活動内容だった。
そしてゴールデンウィーク最終日の今日はバンド同好会の集まりだった。こういう機会をきっかけにもう一度ギターを弾くようになった者、更に加速してギターコレクターになってしまった者、などなど。こちらも音楽という共通の趣味を持った仲間が集まること、ただそれだけで十分に楽しいという、やはり純粋なもの。
更に今回の連休中に新たに発足したのは「麻雀同好会」。高校や大学時代には誰かの家に集まってよく徹夜麻雀をやったものだ。社会に出てそれぞれの生活環境が変わるごとに徐々にそういう機会も減っていき、最近ではめっきりやらなくなった。「もう何年やってない?5年?10年?」「久しぶりにやる?いつがいい?」と、今回は瞬く間に予定が決まっていった。今月中に一度は集まって卓を囲むことになるだろう。そしてきっとこれも恒例になるような気配!また楽しみが増える。

50歳になった仲間たち。なんだか高校時代よりもパワーアップしているかのよう。健康に気をつけながら10年後も20年後もこうして集っていけるよう願うばかり。
加藤ブログ