オートクラフトのすぐ東側には品川埠頭があり、平日は大型トレーラーがひっきりなしに行き来している。しかし週末になれば車の往来も減ってひっそりと静まる。そんな時を狙って、我々はクルマの撮影に出掛ける。
レンジローバー_イヴォーク


今日、レンジローバー・イヴォークの撮影中のこと、カメラを構えているいるとバラバラと空冷の乾いた音をさせて一台のポルシェが近づいてきいた。そして幸運にもイヴォークの少し後ろに停車した。偶然のアングルを逃さずパチリ。
ナナサンかな?カッコいいなあ!
レンジローバーイヴォーク


ポルシェはしばらくすると走り去っていった。フードに2.7のエンブレムが見えたので74〜75年頃のモデルだろうか、いずれにしても既に40年が経っている。
我々が扱っているクルマでは古いと言っても90年代前半のクラシック・レンジローバーぐらい。せいぜい25年前のモデル。十分にクラシックカーの雰囲気はあると思うのだが、今日の911に比べればまだまだヒヨッコのようなもの。例えば、バハマ号を今後15年間大事に維持し続けられたとして、こんなふうに街で見かけた誰かにカメラを向けられるような存在になっていてほしい。
加藤ブログ