ランドローバー_ディフェンダー
これはディフェンダーのフロントシートの座面部分。乗り降りの際にシートの角に負担が掛かることもあり、クッションはヘタリ、表皮も痛んでしまっている。新車登録からおよそ6年が経っているクルマだが、オーナーさまはまだまだ乗り続けられるご意向。もちろんメンテナンスを怠ることはなく、そしてこういった気になる部分にも順番に手を入れていかれる。表皮だけの損傷なら張り替えで解決だが、ヘタったシートクッションもリフレッシュしたいところ。パーツは個々に入手できるのだが、分解組み付けまでのコストなど総合的に考えれば座面部分をアッセンブリで新調したほうが手っ取り早い。
ディフェンダーはフロントシート下にバッテリーや車載ジャッキなどが収められている。そのため、工具を使うことなく簡単にシート座面を取り外すことができる。
ということで数秒で交換完了。
中古車専門店_ランドローバーディフェンダー