今月12日、私の住まいの近くで殺人事件が起きた。現場となった歩道は私の二人の息子が中学生時代に毎日歩いていた通学路だった。私もよくクルマで通る道なのだが、事件以来、そこを通るのが怖かった。早く事件が解決することを祈っていた。
おとといの朝、犯人逮捕のニュースが流れた。その一報に安心したのは事実だが、ニュースの内容はそれ以上にショックだった・・・。犯人が息子と同世代の地元の高校生だったから。
ふとこんなことを考えてしまった。ウチの息子も「人を殺したい」と思うことがあるのだろうか?ウチの子にはそんなことできるはずがない!もちろんそう思うのだが、犯人の高校生の家族だってきっとそうだったのではないだろうか。そう考えると、とても複雑な気持ちになった。
うまくコメントできないが、多くの人にとってとても悲しい現実を目の当たりにした気分。

子供らを被害者に 加害者にもせずに
この街で暮らすため まず何をすべきだろう