製作を進めている新型アルミホイールのサンプルが届いた。サンプルは色の確認と、そして実際に装着テストを行うためのもの。更には広告の写真撮影にも使う。
カラーだが、従来のウインドストームにはシルバーの他、ブラック・ポリッシュを用意した。今回は、まずは同様に定番カラーであるシルバーと、他はブラック・ポリッシュではなく「グレー・ポリッシュ」を採用した。今回のデザインはスポークが細いタイプ。ガッチリとしたスタイルのウィンドストームはどちらかというと男性的だが、スポークを細くすることで女性的な印象になり、エレガントさを感じる。そこで、カラーも少し柔らかさを表現するためにグレーを選んだのだ。そしてサンプルでは濃さの違う三色のグレーを作ってもらった。
装着してみると、微妙に色が違うグレーのそれぞれが良い。それでも、まず最も薄い色のものをボツにした。残るは中間のものと最も濃いもの。どうだろう、およそ2時間ぐらい考えただろうか、結局中間の濃さのものに決めた。決め手は、そちらのほうがやはりエレガントに見えたから。
さあ、あとは秋の完成を待つのみ。
レンジローバー_ホイール


さて、今回は工場が気を利かせてくれて同じデザインのサイズ違いも用意してくれた。外径は同じ20インチだが、PCDとハブ系、オフセット量、そしてボルトホールの形状とサイズが異なる。それはレンジローバー・イヴォーク用だった。
さっそく試装着してみた。サスペンションやブレーキへの干渉もなく、オフセット量なども適正で問題なさそうだ。
副産物として突如現れたのだが、実際にカッコいい!20インチとなるとスタッドレスタイヤ用ではなく、完全にドレスアップ用。最低製作本数の関係もあるし、冷静になって少し考えてみることにしよう。
レンジローバーイヴォーク