DSC_0706
これらはレイブリック・オリジナルアルミホイール用の歴代センターキャップである。左のものが初代、これは短命だった。じきに真ん中手前のものに変わった。2006年にレンジローバーに初めてスーパーチャージャー搭載モデルが発売され、それらには従来のグリーンのランドローバーバッヂではなく、ブラックが使われていた。それに合わせて作ったのが真ん中のもの。そしてブラックポッリッシュ用のものが上のクロムタイプ。
そして第三弾、現在制作中の新デザイン用のものが一番右。こんな小さなものでもそれなりに拘ってしまうのが私の性格。輪郭のクロムの部分の太さや、収まるロゴの大きさなど、何通りかのデザインを比較してようやくここへ至った。しかし実際にこうしてサンプルを見ながら、最終的にはロゴのサイズをもう少しだけ小さくするように注文した。なんとなくだが、ロゴが窮屈そうに見えるから。ここからほんの数パーセント縮小されたロゴで製品となって出来上がってくる。
走っている時には回転していて見えるはずがない部分。しかし、信号待ちで隣に並んだクルマの中から、この小さな「LAYBRICK」ロゴがしっかり見えて欲しい!