ご来店いていただけるお客様やお取引業者の方から、整頓されたピット内の棚のことを褒められることがある。自分的にはまだまだ至らないところが多く、点数をつけるなら35点ぐらいなのだが、それでも褒めていただけることは素直に嬉しい。これらの棚は私の自作である。壁面にピタリ収まるように作った自信作である。そして普段から棚内のパーツを管理している溝口メカニックの几帳面さが現れた結果である。
加藤ブログ
だいたいこの棚を作る際には、そこに何を収めるかを考えながら作ったものだ。溝口メカニックに、「ここに棚があったなら何を収める?それなら棚板の間隔はこれぐらい空けておこうか?」などと相談しながら進めた。先に置きたいものがあって、それに合わせて棚をレイアウトしていったのだからピタリ収まる可能性はとても高いというわけだ。
実は5年以上放ったままになっているが、まだやりかけの部分もある。それに、純粋に整理整頓ができていない部分もある。久しぶりに「加藤工務店」再開させようかな!DIYが捗る秋にスパートを掛け、今年中には35点をせめて80~90点ぐらいには持ち上げるのを目標に頑張ってみよう。