新たに制作を進めてきた新型ホイールの名前を決めた。スポークのデザインを進める過程でそれが鳥の足の形とオーバーラップしていた。小鳥ではなく、もう少し大型の。しかし、鷹や鷲のように力強くはなく、もっと優雅でしなやかな感じ。私がイメージしたのは白鷺だった。英語を調べてみた。「EGRET」、カタカナ表記で「イグレット」。音やリズムとしては「イーグレット」のほうが良いかと思ったのだが、偶然にも「EAGLET」という単語もあり、それは「小鷲」を意味する。しかし、やはり今回のイメージは「ワシ」ではなく「サギ」なのである。伸ばさず「イグレット」で決定!

ここで「イグレット」のスペックの紹介を。

  外径:20インチ
  リム幅:9.0J
  PCD:120mm
  インセット:48mm

  カラーは3色
  .好僉璽ルシルバー(一般的なシルバー) ※写真一枚目
  ▲魯丱淵哀譟次頁擦ぬ椶離哀譟次
  グレーポリッシュ(薄めのグレーのポリッシュ仕上げ) ※写真二枚目

NEWレンジローバーおよび、NEWレンジローバー・スポーツに似合うようにと作ったホイールだが、ハブ径やナット形状が共通なことから前モデルのレンジローバー・ヴォーグ(LM#)やレンジローバー・スポーツ(LS#)、また2005年以降のディスカバリー(LA#)にも適合し、幅広くランドローバー各車への装着が可能である。
レンジローバーアルミホイールレンジローバーホイール

現在イグレットアルミホイールは最終デザインとカラーが決定し、工場にGOサインを出したところ。夏休み前に我々が行う全ての準備は完了した。あとは2か月後の完成を待つのみ。