LAYBRICK

様々な使い方ができる便利なアプリ、Googleストリートビュー。仕事ではこれから向かう出張先の様子をあらかじめ調べておくなどすることもある。例えばご納車先や待ち合わせの場所など、その映像を頭にインプットしておけば近くに着いたときに迷うことがなく到着することができる。

さて、Googleストリートビューは個人情報保護の観点から人の顔や表札、自動車の登録ナンバーなどにぼかしが掛けられている。しかし、時にそれが漏れていることがある。
例えばレイブリックの駐車場に並ぶ展示車両やお客さまからの預かり車両、それらの中には時にはぼかしが漏れていて写ってしまっているケースがある。そんな時には、画面右下の「問題の報告」から、「ナンバーが写っている」旨の報告をすると即座に対応してぼかしを入れてくれる。実際に写真のレンジローバー・スポーツの登録ナンバーは数日前まではハッキリ見えていた。
みなさんも一度ご自宅やお勤め先などをGoogleストリートビューでチェックしてみては?ほかし漏れで見覚えのある顔が映っているかもしれませんよ。笑