太平洋戦争の終戦から今日で70年。終戦20年後に生まれた私は、当然だが戦争の悲しみや苦しみを理解できるはずはない。しかし、どれだけ世の中が平和になっても絶対に風化させてはいけないものもあると思う。
そんな思いで、今年はこの本を読んだ。
加藤ブログ
甲子園の優勝投手が大学に進学し野球を続けていた。そして学徒出陣。主人公の配置は特攻潜水艦の乗組員、いわゆる「人間魚雷」だった。

戦争・・・、私が生まれるほんの20年前の出来事だったことが信じられない。私の祖父母や親の世代の方々のご努力によって、復興と凄まじい成長を遂げた今の日本。この穏やかな時代が、どうかこの先も永遠に続きますように。