ホームページで使っている写真のほとんどは私が撮影しているのだが、今日はその舞台裏の紹介を。

まずは完成写真。これはレイブリックの新型オリジナルホイール「イグレット」だが、ポリッシュ仕上げのためにここに景色が映りこんでしまうのが厄介なところ。レイブリックに写真スタジオなどあるわけがなく、都度、社内の適当な明るい場所を探して撮影をするのだが、屋内の狭いところでは周辺のものがポリッシュ面に映ってしまうので難しい。こういう場合はもっぱら屋外で行う。直射日光が当たると反射が強すぎるのでそれもダメ。環境を整えるのがなかなか大変なのである。
よーく見るとセンターキャップに何かが映っているが何だか分からないからOKとしよう!
レンジローバー_ホイール
さて、本題の舞台裏風景を。背景には専用の紙を使うのだが、屋外なので風で捲れてしまう。カメラは三脚を立て、手ぶれを防ぐためにセルフタイマーを使うのだが、ピピピの音が迫ったところで突風が吹き、慌てて紙を押さえたが間に合わず・・・。という光景である。
タオル?屋外で暑いので汗拭き用です。(笑)
レンジローバー_sルミホイール


次は純正アクセサリーのドアミラーカバー。これもクロム。しかも曲面なので周囲の景色の広い範囲が映りこんでしまう。これは難易度が高い。まずは完成写真を。
レンジローバー_アクセサリー
限られた設備の中では我ながらよく撮れたほうである。これも屋外で撮るのだが、直射日光が当たると反射が強すぎてダメ。角度を変えても青空がそのまま映り込んでしまうのでそれもダメ。そう、この場合は曇り空の下で写すのである。
ランドローバースペシャルショップ
こんな空。パーツの上面を見るとなんとなくだがこの雲の様子が分かると思う。

レイブリックのホームページは、その多くがこんなふうに工夫を凝らした手作業で作られているのである。